GEAR FARM 島根県雲南市でシャインマスカット・デラウェア・ピオーネを栽培しているぶどう園ギアファームです。

ぶどう苗植え付け体験会

2017.03.27

26日(日)にぶどう苗植え付け体験会を開催しました!

14名の参加があり、シャインマスカット、マイハート、クイーンセブンの苗を植えて頂きました(^^)

また、イベント冒頭ではギアファームのぶどうづくりについてお話させて頂き、1年間のぶどうづくりの流れやこだわりを紹介しました!

 

今回植え付けでは、苗を植える穴に牛糞堆肥、牡蠣殻石灰、菜種油粕、地力の素(炭、カニ殻等の有機肥料)、化成肥料、そしてぶどうの剪定枝を炭にしたものを投入しました。

牛糞堆肥は、雲南市内の牧場から頂いたもので、もみ殻が沢山入っていて土の中に隙間を作ってくれるので、根が張りやすくなります。

牡蠣殻石灰は、広島県の牡蠣の殻を焼いたもので、植物が伸びる際に必要なカルシウムを補います。(カルシウムが不足すると成長点が黒く変色して枝の伸びが止まってしまいます)

菜種油粕と地力の素は有機質の肥料で、植物の3大栄養素(窒素、リン酸、カリウム)を補います。

しかし、有機質の肥料は微生物が分解した後に植物に吸収されるため、効き目がゆっくりです。そこで有機質肥料が効いてくるまでの肥料分として、化成肥料を使います。

そして剪定枝の炭は、非常に細かな穴が炭には沢山開いているので、そこが微生物の住処になります。土の中の微生物が豊富になることで、病原菌の繁殖を抑えることができますし、有機質肥料の分解を促進してしっかり植物に吸収させることができます。

 

今回の体験では、事前に掘り上げていた穴に、上記の肥料を入れて苗を植え付け、冬に伐採したデラウェアの樹から作ったネームプレートに名前を書いて、植え付けた苗のところにくくり付けてもらいました♪

 

そして最後に、先日芽を出したシャインマスカットやデラウェアを見て頂きました!

 

今回体験を通して、ぶどうが育つ環境を見て、ぶどうづくりの楽しさや大変さを体で感じ、ぶどうづくりのこだわりや生産者の想いを知る、そんな機会になったと思います。

農家と消費者の距離を縮めることで、農業にもっと興味を持ってもらえたら嬉しいです。

 

因みに今回植え付けた苗は、4年後から収穫が始まります。参加者それぞれが植え付けた品種や食べてみたい品種を4年後にお届けする予定です♪

 

ぶどうづくりの1年間の流れやこだわりについてお話させて頂きました。

 

 

 

 

今の時期のシャインマスカットの姿を見て頂きました!

芽の状況

2017.03.21

ハウス被覆から3週間が経過しました。

加温のシャインマスカット、デラウェアとも大分芽が伸びてきましたよ!

 

写真1枚目はシャインマスカット。もう少しで葉が展開しそうです!

写真2枚目はデラウェア。もう穂(将来実になるところ)が出てきています♪

 

デラウェア発芽!

2017.03.17

デラウェアも芽が大きくなってきました!

シャインマスカットより進んでる感じです(^^)

ここ数日天気が続くのでどんどん生育が進みそうです♪

 

シャインマスカット発芽!

2017.03.14

シャインマスカットの芽が出始めました!

 

写真1枚目が現在の様子、2枚目が1週間前の様子です。

わかりにくいかと思いますが、蕾が割れて芽の先端から黄色い綿のようなものが覗いています。これから温度・湿度をきちんと管理していかないと、せっかく出た芽が枯れたり、奇形の葉が発生したりすることもあるので気が抜けません(^-^;

 

 

【イベント】ぶどう苗植え付け体験会開催します!(3/26)

2017.03.11

ぶどうの栽培体験を初開催!
今回は苗木の植え付けです!普段体験できないことをしてみませんか?

 

お子さまの参加も大歓迎!(保護者同伴でお願い致します。)
今回植え付けて頂いた樹には、オリジナルネームプレートを付けて頂きます!
また、参加者には植え付けた樹に実ったぶどうを2房プレゼント!
ただし!実るのは4年後です(笑)

ぶどうは植え付けてから4年経たないと収穫できません。その間、大切に育てることで良いものができますし、4年後の収穫は格別の喜びがあります。

それを皆さんに少しでも味わって頂きたいですし、日々食べている農産品が作られる過程を知って頂き、より美味しく感じて頂けたら嬉しいです!

 

今回植え付ける品種
・シャインマスカット2本
今1番人気の皮ごと食べられるぶどうです!…
・マイハート2本
ハート型の粒が特徴的な新品種!
・クイーンセブン2本
糖度25度にも達する高糖度な新品種!
(1組で1本植え付けて頂きます)

 

【参加料】1組500円
※1組あたり最大5名までとさせて頂きます。また、駐車場がございませんので、1組1台でお越し頂きますようお願い致します。
【服装】土をかまうので汚れても大丈夫な動きやすい服装・靴での参加をお願いします。
【雨天決行】ビニールハウスの中で行いますので、雨具は必要ありません。
【参加申込・問い合わせ】
メール:star.grape@gearfarm.jp

又は当Webサイトのお問い合わせページまで

 

シャインマスカット芽傷処理

2017.03.7

今日はシャインマスカットの芽傷処理をしました!

 

普通、ぶどうは枝の先端にある芽から生育が進んでいきますが、そのままだと芽によって生育にバラツキが出てしまいます。

栽培するにあたって、水管理や種無し処理は一斉にやらないといけないため、生育のバラツキをなるべく無くさなくてはいけません。

そこで生育が劣る先端以外の芽には、芽の先5ミリの位置に傷をつけます。そうすることで、その芽にとっては傷が”剪定”と錯覚し、”自分が先端の芽だ”と錯覚させることで、生育を促す作業が芽傷処理です。

 

ちょっと難しい説明でしたが、簡単に言うと芽の勢いをそろえるための作業です!

この作業のための専用のハサミもあるんですよ(^^)/

 

芽の先5ミリに樹液が出てくる深さまで傷を付けます。

 

芽傷処理専用の”芽傷バサミ”を使います!これは右側だけに刃が付いていて、左側は枝を支えるために刃が付いていません。

奥出雲仕事塾

2017.03.6

3月2~3日に、奥出雲仕事塾の合宿に参加してきました!

奥出雲仕事塾は、これから起業する人、事業を継承する人を対象に、新たな仕事づくりを目指す人をサポートする個別相談・伴走型の塾です。

 

1月から始まったこの塾では、お客様にどのような形でギアファームのぶどうをお届けすれば喜んで頂けるのか、またギアファームの周りのぶどう産地をどう維持し盛り上げていくのかを考えています。

3回目の今回は合宿ということで江津市にお邪魔し、個別相談以外にも他の塾生さんとの交流や意見交換や、実際に起業して活躍しておられる方のお話を聞かせて頂きました。

その中で印象に残ったのは、自分がやりたいと思うことを強く持っておられて、それを行動に移しておられたことでした。それが周り人たちの共感を得て大きな繋がりとなって、地域に良い影響を与えていました。

 

私自身、地域に貢献していきたいと思っていますし、とりわけギアファームがある三代地区のぶどうは守っていきたいと思っています。だからこそその想いを行動に移して、真の意味で地域貢献をしていかないといけないと感じました。

今、周りのぶどう農家には後継者がいません。未来に地元の特産品を残すため、頑張っていきます!!

ギアファーム 星野

 

 

ピオーネビニール張り

2017.03.5

昨日、今日でピオーネハウスのビニール張りをしました!

晴れた日は、朝10時を過ぎると風が出てきてビニールを張るのがとても大変です(。>д<)

昨日の午後からは風が強すぎて、安全のために作業を中止せざるを得ませんでした……

それでも今日無事に張ることができて一安心です(^^)

 

ビニール張りはあと1回!

次は3月末に一番遅い作型のデラウェアとシャインマスカットを被覆します!

 

シャイマスカット内張り

2017.03.1

先日、外側のビニールを張ったシャインマスカットハウスは日中暖かく35℃まで温度が上がるんですが、夜間は急激に温度が下がり、最低温度はマイナス2℃にまでなります。

そこで二重にビニールを張って、夜間の温度が下がり過ぎないようにします。二重にすると夜温は大体0~1度程度で、マイナスの温度にならなくなります。特にこれから芽が出るタイミングで霜などの寒さに遭うと、穂の形が奇形になり、房づくりが難しくなります。

たった2℃の違いですが、これだけでもぶどうの出来具合に影響が出ます。

 

ビニールを張るのは、手間がかかるしお金もかかります。それでもぶどうのため、ギアファームのぶどうを食べて頂く方のために、手間を惜しまず丁寧に大切に育てています!

 

内張りビニール展開中!

 

ビニールが二重になり、ハウスの中が暖かくなりました♪